ビタブリッドCフェイス 使い方

MENU

ビタブリッドCフェイスの正しい使い方を知っておこう!

ビタブリッドCフェイスの正しい使い方

ビタブリッドCフェイスは、どのように使うスキンケアのアイテムなのか分からない方も多いですよね。そんな方のために、ビタブリッドCフェイスの使い方をご紹介しましょう。ビタブリッドCフェイスを正しい使い方で使用することによって、効果がアップすることでしょう。ビタブリッドCフェイスの正しい使い方がわからないという方はご参考にしてください。

 

ビタブリッドCフェイスの正しい使い方

ビタブリッドCフェイスの公式サイトで紹介されている使い方をご紹介しましょう。

 

まず、適量の水か、普段使用している化粧水、ビタブリッドCフェイスを手の平にのせます。スプーン2杯程度の量を目安にしてください。それらを混ぜ合わせます。そして、それを顔全体になじませましょう。気になる部分については、少し濃い目につけるようにしましょう。

 

混ぜて、顔になじませるだけなので、とても簡単です。

 

実際に、ビタブリッドCフェイスを使ってみた方の口コミでは、お風呂上りに使うと、翌日の朝、肌のキメが整っているという方もいました。

 

また、化粧水を出した上に、ビタブリッドCフェイスを出して混ぜるようにしている方や、化粧水に付属のスプーンで1杯を混ぜて、顔に塗るという方、洗顔後に、手持ちのローションと指で簡単に混ぜて、顔全体にやさしく塗って使っている方など様々です。

 

お風呂上りや、洗顔後に使用すると、お肌が綺麗な状態で使えますのでおすすめです。ビタブリッドCフェイスの使い方はとても簡単で、すぐにできるのに、12時間パックをしたのと同じ状態になるのが嬉しいですよね。

使い方のポイント

ビタブリッドCフェイスの使い方のポイントをご紹介しましょう。

 

ビタブリッドCフェイスは水か化粧水または乳液などに混ぜて肌に塗ります。肌のトラブルが気になっているところには、多めにビタブリッドCフェイスをつけるようにしましょう。このように、塗ることによって、12時間パックが開始されます。朝と晩に使えば1日中パックされている状態になります。

 

水と混ぜるよりも、普段の化粧水に混ぜた方が化粧水の効果とビタブリッドCフェイスの効果を得ることができておすすめです。

 

ビタブリッドCフェイスを入れすぎないようにして、作り置きはしないようにしましょう。ビタブリッドCフェイスを入れすぎると、肌がピリピリしますので、注意しましょう。また、日持ちしないので、その都度作るようにして下さい。

 

ニキビに悩んでいる方は、現在使用しているニキビケアの用品に混ぜて使用することができます。このように、何にでも混ぜることができるので便利ですね。普段使っている化粧品と混ぜるだけなので、安心ですし、簡単です。

 

ビタブリッドCフェイスはパウダーなので、冷蔵庫で保管したり、開けたらすぐに使わなくてもいいようになっていて、とても便利です。これまでの化粧品だと、面倒だったのですが、ビタブリッドCフェイスは簡単です。

 

これまで、ビタミンCはすぐに酸化するというのが問題でしたが、ビタブリッドCフェイスは、一度塗ったら、12時間もその効果をキープすることができます。

 

>>ビタブリッドCフェイスの最安値はこちら